サザンピーチΣ
サザンピーチΣ  あの南田操の新作小説をはじめ、新鋭精鋭の小説やエッセイ 
<富澤南桃堂(とみさわなんとうどう)発のWebマガジン>
『スタージャッジ〜エピローグ〜』 原案・長谷川裕一 /小説・富澤かおる
スタージャッジ〜エピローグ〜 (あとがき)
「スタージャッジは惑星の自然な進化を守るんだ」
と、長谷川裕一少年(今の私の年齢だと高校生は十分に少年)が言ったとき、「平和じゃなくて進化を守るんだ。面白い事を言う人だなぁ」とまだ少女(笑)だった私は思ったのです。

たとえば怪獣が暴れたとして、それが宇宙人の先兵だったら対応してくれるけど、地球在住怪獣だったらスタージャッジは対応できません。当時はそんなヘビーな話をした記憶は無いですし、私としてもその話を書く勇気はございませんが。
実は先日お会いした時にこの話題を振ったところ、先輩、当時からそのシチュエーションも漠然と考えていたそうです。宇宙に連れて行ってなんとかごまかして倒すのかなぁとか‥‥。ひえええ。私が悪うございました。

さて、マゼランのコード「0079」というのは元のアニメのままです。「本部」の具体的な設定があったかどうか定かではありませんが、オーソライズされた機関に所属しているイメージだったんです。光の国の方々はある意味で私的なので、昔の自分達に似てるって理由でえこひいきして人類を守って下さっても問題は発生しませんが、公的機関でそれはマズイ。たぶん全宇宙的にこんな調子でやってるんだろうなぁと考えると、これはこれで大変です。

そういった事に加えて人工知能における意思とは何かとか、多少真面目に考えた結果が第3話とエピローグです。境界条件を満たすもう少しおおざっぱでおおらかな解法が見つかると良かったのですが、済みません、私の限界です。その上、せいぜい5章ぐらいで片付けようとしてたエピローグが、複雑系やらシンクロニシティやら言語学やら趣味丸出しになってきて、会社人としての経験なども加わってどんどん長くなってしまいまして。
で、一度投稿してから読み直して、エピローグなのに長すぎるかなと思いまして、途中を多少削除した短縮版をこちらにはアップしています。ただ長谷川先生含めロングのほうがいいという有り難いコメントを頂きましたので、HTMLは元々の版(ロングバージョン)にしております。

ちなみにロングバージョンで出てくる叡智論は、かなり古い話になりますが、主人のとても尊敬していた上司の方が「エスカレーションと叡智」というコラムを某雑誌に寄稿されたことがあり、それが大変印象に残るものだったのでそこから頂きました。
子供の頃は、単純に科学の発展=進んだ世界と思っておりましたが、さすがにそうはいかないことが判ってきました。なので、嘘でもいいから叡智に満ちた世界がないかなぁということで。

さて、お話を書くときの人称は重要で、一人称だと感情移入させやすくはなりますが、主体の経験や知識しか書けません。だから一人称で書けないことも多いですよね。どっちでもいい時は冒頭の文章がどっちで浮かんでくるかで決めるのですが、一人称で書き始めて先を考えて行ったら書けなくなることがわかって、三人称に戻したことも過去二回ほどありました。
スタージャッジはアニメに沿って書くつもりで三人称で書き始めました。でもなぜかマゼラン視点の文章ばかり浮かんでくる。「いやでも一人称にしたら行き詰まるから!」と思って、無理矢理書いていたのですが‥‥衝動が抑えきれず、陽子が登場する直前ぐらいまで三人称で書いてた物を全部書き直して今回のようになりました。三人称から一人称に方向転換した経験は無かったので、ちょっと不思議な気分でしたし、それが「陽子視点の続きを書きたい。なら締めはマゼラン視点にして、エピローグにちょっとだけ陽子視点を‥‥」と膨らむきっかけになったので、判らないものです。
試しに今三人称でこの二人を書いてみたらどうなるんだろうと、ちょっと興味がわいているのも事実ですが、とりあえずはスタージャッジ・ノベライズ、これを持ちまして完結とさせていただきます。



|2013.04.27 Saturday by 富澤かおる| comments(3) | 戻る |
コメント
今回は、ニヤニヤ面白かったです!

大人なエピローグでしたね〜ニヤニヤ。

「? 〜マリアージュ〜」って付けるくらいの、
少女なドタバタ完結編も読みたくなりましたよニヤニヤ。

鳥の煮物も角煮も、完結、おめでとうございます!
完結するって、本当に素敵ですね!
-------| サルバトーレ・F・Z | 2013/06/03 6:54 PM |-----

長谷川裕一先生のスタジオ秘密基地ブログから来ました。
「スタージャッジ」を読みました、とても面白かったです。エピローグはロングバージョンの方が良かったです。

ブログ形式の『スタージャッジIII〜マゼラン〜』の一覧に「スタージャッジIII  あとがき」が付いていません。
勿体無いです。
-------| 持田兼光 | 2013/06/04 9:00 PM |-----

お返事が遅くなりまして本当に申し訳ございません。今スタージャッジのリライトにかかっておりまして、こちらに来ておりませんでした。全体通して読むと、特に第1話があっさりしすぎと漫研仲間から指摘を受けて、描写を加えたり後半で入ってきた設定を逆輸入しております。なんとか第1話だけ終わったのでHTML版は差し替えました。もしよろしかったらご覧くださいませ。2話以降は調整程度でそんなには変わらない‥‥はずです。

サルバトーレ様!
お忙しい中、無理して(笑)あちこちお出かけの中、いつも元気の出るコメント感謝です! 間がだいぶ空いたせいもありとにかく「終わった〜」と感激ひとしおでした。しかし早くも続き(のようなもの)を書きたくなってる私は懲りてません(爆笑)
これからもよろしくお願いいたします!


持田兼光様
わざわざ秘密基地から!! ありがとうございます。実は知人以外の方から感想を頂くの初めてです。本当に嬉しいです。その上ロングバージョンと読み比べまで! 感謝感激です。長谷川先生もロングでおっけーと仰ってるので、もうロングだけにまとめようかと思っています。

それでブログ形式のIIIの一覧にあとがきが無いというのは IIIのお話のラストページから、あとがきへのリンクが無いとうことでしょうか? ただ今直しましたが、違う部分でしたらまたご指摘頂ければと思います。
それでは本当にありがとうございました!
-------| 富澤かおる | 2013/06/12 3:25 PM |-----










| /PAGES |
作品タイトル
選択内投稿一覧
| /PAGES |
最近のコメント
ライター
リンク
作品